初心者のための墓地情報サイト

墓地を民間が運営している場合のメリットとは何か

墓地を民間が運営している場合のメリットとは何か 墓地というのは今までは先祖伝来から受け継がれてきたものを連想しますが、現在のように生まれ育った場所と実際に居住している場所が遠いと、どうしても居住地に近いところで探すという人が増えています。
これは核家族化が進んできた影響がとても強く、そこまで先祖というものに拘りがなくなり、自分のために用意しようとする考え方が定着したことに大きく由来しています。
そのために人口は減少傾向にありますが墓の数ばかりが増加していて、墓地が全国的に不足気味になってるのは間違いありません。
そのために公的機関が運営している墓地というのは直ぐに買い手が見つかって空きが無いという状態のため、民間が運営しているものを選択するしか方法が限られるようになりました。
民間というと値段が高いという印象がありますが、実はこちらの方が公共的なものよりもいろいろなメリットがあります。
値段ではどうしても太刀打ちできませんが、提供されるサービスはさすがというしかありません。
その内容は会社や団体によって異なりますが、何か墓でトラブルが起きれば常駐している管理人から連絡が来たり、どのような小さな問い合わせにも丁寧に対応してくれるのが嬉しいところです。
お墓というのはいつまでも大切にしていかなければいけないものなので、サービスが充実している民間を選ぶのもメリットがあります。

民間墓地の環境と効果的な探し方を考えてみよう!

民間墓地の環境と効果的な探し方を考えてみよう! 墓地を利用すると言っても、その霊園や環境によって多様になっています。
その中でも、最近になって注目されている民間霊園について詳しく考えてみましょう。
まず民間霊園は、財団法人などで運営されている墓地を指します。
大きな特徴は、申し込みといった特別な資格がなくても、誰でも気軽に利用できる点にあります。
そのため、誰にでも開かれた霊園と言えるでしょう。
その墓地を管理する霊園によって、多種多様な特色が見られます。
地域に住む人の需要や供給によって、時代にマッチさせたサービスを提供可能な強みを持っています。
自分に最適な墓地を選びたいなどの、理想の運営をする霊園を探すことが大切な要素になります。
民間で運営する霊園は、基本的に先着順での申し込みです。
そのため、環境が整備された区画を希望する場合には、すぐに予約を取ることが必要になります。
申し込みをする際には、利用する人が生前に申し込みできるシステムとなっているため、自由に墓地を探して見つけることができます。
申し込みに厳密な縛りはないので、気に入った霊園の候補を検討することが大事です。
また、予算や好みに合わせてサービスを使えます。
バリエーションが豊富なので和風や洋風のスタイルなど、見た目の選択肢もとても多いのがポイントです。

新着情報

◎2019/11/21

墓地返還の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

墓地の所有と固定資産税
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

設置するには許可が必要
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

民間の範囲を知ると選びやすい 
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

整備などにも特色を備えている
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 民間」
に関連するツイート
Twitter

(ドラゴン墓地、伴奏中) 利己的権力に溺れ政策が下手な国家公務員が統治する国家はいずれ成長が止まる →高学歴でテストの点数が高い国家公務員ではなく、民間の事情に詳しくビジネス経験豊富で仁義・勇猛・学習習慣のある国家公務員が国家を統治するべき – マラソンドラゴン –

返信先:

民間の火葬料金を調査、指導するというのは前例のないことで墓地埋葬法の運用をどう解釈するか、火葬行政のありかたをどう運用するかという声明をどこから、どうとるのかという戦いをやってます。なので大きな援護になっているのでありがとうございます。感謝申し上げます。

返信先:樹木葬、永代供養は、墓守は必要ないですよ! 民間墓地は、契約時に死後のお金を払い、樹木葬は位置を決定(位置とプレート等) 永代供養は、お骨堂と言う様な大きな舎利殿のような中に納骨されます 契約の和尚が、少なくとも知る限り盆お彼岸にお教を唱えてくれます 他にも色々ありそうよね?

返信先:墓は普通の墓以外に、樹木葬、永代供養があります 今時、お寺より民間墓地があるので、そちらを下見し、決める手があります 東京では、エレベーター駐車場方式のお墓も有るとか 50代の私は独り身だし、息子達も当てにならないし、「就活ノート」を活用してますよ! 私は献体を希望、もしくは直葬