初心者のための墓地情報サイト

墓地を購入するなら民間の経営を選ぶと設備が整っています。

墓地を購入するなら民間の経営を選ぶと設備が整っています。 設備の整った墓地を購入したいと考えている方は、公営よりも民間が経営しているところを選ぶとより豪華な設備のところを購入できる傾向にあります。
一概にすべてではありませんが、一般的には民営のほうが資本が投入されているところも多く、きめ細かいサービスがうけられる傾向にあるのが実情です。
墓地選びは立地や価格など、それぞれ選びたいポイントや条件が人によって異なりますが、様々なサービスを比較して選びたいのであれば民間が運営しているところの方が豊富な条件で選ぶことが出来ます。
長く使うことになる墓地ですので、すぐに決めてしまわずに急いでいないのであればゆっくりと時間をかけて条件に合ったところを探すのも一つの方法です。
墓地は条件の良いところは値段が高いのが一般的ですが、公営のところは比較的値段が抑えめになっています。
その分倍率が高く抽選に当たらないと購入資格が得られませんので、急いでいる方は民営のところを選ぶと良いでしょう。

メンテナンスもお任せの民間運営の墓地・霊園のメリット

メンテナンスもお任せの民間運営の墓地・霊園のメリット 一般的に、昔ながらの檀家制度の下でお寺などの敷地内にあるものを「墓地」、民間の団体・財団・企業などが運営するものを「霊園」と呼んでいます。
最近は、昔ながらの墓地ではなく霊園を選択する人が増えているようです。
民営の霊園の特徴として、維持やメンテナンスに掛かる費用が明朗である点が挙げられます。
生前の購入が可能で、墓石のデザインや面積等についても様々な種類があるため、予算と相談しながら自分好みのお墓選びをする事が出来ます。
また、寺院墓地に入る場合は檀家になる必要があり、寺院によっては宗教や宗派に縛りがあったり、仏教徒以外は檀家になれなかったりといった制限がある場合も多いですが、民営霊園はそういった制限が無い所が多く、どんな宗教であってもお墓を購入できるというメリットがあります。
日本に昔からある寺院墓地や檀家制度の場合、葬儀や法要などの行事をスムーズに行えたりといったメリットもありますが、近年ではやはり手軽で便利な民営霊園の需要が高まっていると言えます。

新着情報

◎2019/11/21

墓地返還の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

墓地の所有と固定資産税
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

設置するには許可が必要
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

民間の範囲を知ると選びやすい 
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

整備などにも特色を備えている
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 購入」
に関連するツイート
Twitter

午前は家族の通院付き添い、午後はまた秋葉原いって、頼まれもののレリクスTシャツ購入。染井霊園に外人墓地があるとのこと聞いたので、少し見に行った。二葉亭四迷や高村光雲のお墓とかもあるのね、ここ。

返信先:他6幅広い支持がないと実現は無理です。火葬が一般化している今、土葬墓地は不要であり必要とする理由が宗教の風習、それを税金でというのならある意味政教分離に接触します。購入するにしても近隣の住居者と土地所有者からも賛同が必要です。宗教風習を尊重はしますがこちらが受け入れる必要もありません

アザラシの習性 避難所場では共同墓地にこの習性を使うことで、初手の金量を増やしつつ購入したカードを次のターンに使用することが出来る。

返信先:公営墓地を要求とは。 土葬したいなら、自分たちで土地を購入し、 水源や河川、浸水危険地域等からどれくらい離すなどの規制を受けたうえでの話だろう。 腐敗の可能性があるため防腐処理または棺桶など各自でやるべき。  土葬で公営だと、莫大な土地が必要となり、税金負担になる。

返信先:もともと菩提寺も墓所も墓石も持っていないし、今後も購入したりする予定もないので、どこかの公園墓地の永代供養のみやっているところにプロレタリア料金でお預けする予定です。