整備などにも特色を備えている

整備などにも特色を備えている

整備などにも特色を備えている 市区町村などの自治体が運営している公共事業としての墓地とは違い、民間の場合には運営しているところのコンセプトが墓地の整備にも強く反映されているといっても過言ではありません。
そもそも公営と民間では墓地に対する考え方にも大きな差があるだけではなく、整備に対する費用の掛け方にも違いがあります。たとえば公営の霊園などは市区町村民へのサービス事情の一環としているのですから、いかに使いやすくて素晴らしい霊園を作るかではなくて低料金の使用を根底に置いています。
しかし民営の墓地では運営しているところの考え方が色濃く出るので、公園のように過ごしやすい長くいても心が和む場所などのさまざまな特色を出しています。そしてそれぞれの特色を好むかどうかで、お墓を探している方も自分に合っているかどうかを決めるのではないでしょうか。そのため一番良いとか素晴らしいとかは他人が決められるものではありませんから、家族などでよく相談して選ぶことが重要です。

民間が運営するほうが融通が利くので便利

民間が運営するほうが融通が利くので便利 すでに先祖伝来の立派なお墓がある方は別として、これから自分や家族が将来的にお世話になる墓地を現在探してくる方は少なくないのではないでしょうか。
お寺に墓地を求める場合は檀家になるなどの多少の煩わしさが伴うこともありますが、法事などのさまざまな供養は自分で特に手配しなくても良いという利点があります。またお寺を別にしてお墓探しで比較されるのが、自治体管理の公営と民間が運営する霊園かも知れません。
さて敷地内での決まりが非常に厳しいのはどちらかといえば公営のほうで、民営の方はコンセプトから逸脱しなければいろいろな点で融通が利きます。たとえば墓地の区画の広さもある程度は緩やかなので自由度が高く、抽選で決められる公営とは違って選んだところを使う権利が得られます。そこであまり規則に縛られすぎないほうが好みであると考えるのであれば、民間の墓地を選んで敷地内の好きな場所にお墓を作ることのほうをおすすめします。

新着情報

◎2019/11/21

墓地返還の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

墓地の所有と固定資産税
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

設置するには許可が必要
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

民間の範囲を知ると選びやすい 
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

整備などにも特色を備えている
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓地 整備」
に関連するツイート
Twitter

返信先:第十九条 都道府県知事は、公衆衛生その他公共の福祉の見地から必要があると認めるときは、墓地、納骨堂若しくは火葬場の施設の整備改善、又はその全部若しくは一部の使用の制限若しくは禁止を命じ、又は第十条の規定による許可を取り消すことができる。 環境汚染を訴えれば…

ウワーッ! 航空写真で見る綺麗に区画が整備されてる墓地――! ――集合体恐怖症に特攻ダメージ!

土葬の問題も振り返れば、私の子供の頃まで地域の土葬墓地は普通にあったが、整備されて安全な土地に移転された。世界中の6割自然災害がどこでも起こる日本では、いつ遺体や遺骨が流出してしまうかわからないので、よほど安定した地盤が確認できる所以外、土葬は不可能だろうと思う。経緯を忘れている

古代からの埋葬地だった山のあちこちを開いて市営の墓地にしてある。区画同士をつなぐ車道が整備され、盆と彼岸は送迎バスも走るので賑わうらしいが、6月はシーズンオフ。ほとんど人がいなかった。目的の合葬墓地は頂上にあった。

返信先:うちの墓がある墓地は1本の登り坂に沿ってありますが、人さまの墓地に入ったことは有りません😣言われてみれば墓地区画と都市整備計画は似てる所があるかもしれません🤔