墓地の所有と固定資産税

墓地の所有と固定資産税

墓地の所有と固定資産税 不動産を所有しているというと人が住む住居や車を置く駐車場、あとは田畑や山などを思い浮かべる人が多いでしょうが、先祖代々の墓や自分たちが亡くなった後にはいる墓地もまた不動産といえます。では、墓地に対しても固定資産税の支払いは必要になるのかというと、その必要はありません。

墓地にはお寺や霊園などの土地にある場合と、自分が所有している土地にある場合があります。お寺や霊園の墓地は、購入するといっても、本当にその墓がある土地を購入するのではなく、永代使用料を支払ってお墓を置いてもらっているだけなので厳密に言えば自分の所有物ではありません。

たとえ自分の所有している土地に先祖代々の墓があっても、固定資産税を課税することができない範囲になっているので支払う必要はありません。ちなみに相続税などについても、やはり課税することはできないとなっていますが、石材店などに払う墓石代の消費税は課税対象ですから注意しましょう。

霊園で墓地を購入する際に注意するポイント

霊園で墓地を購入する際に注意するポイント 霊園で新たに墓地を購入する際、利便性や周辺環境を重視することでしょう。安らかに眠りにつきたいという希望を叶える為には、その墓地の契約をしっかりと見つめて購入するのが大切になります。昨今は霊園となる広大な土地が都心部で少なくなってきており、墓地を一定期間しか使用出来ないケースがあります。

本来ならば土地・墓石の両方を買う事で永代使用出来るものでしたが、現在では10年間・20年間と期限を設けて、その期間中だけ墓地を借りるという形が一般的になっています。期限が過ぎると使用していた墓石は撤去され、納めていた遺骨も敷地内にある永代墓へと移すことになります。きちんと把握しておかなければ、後でトラブルが起きる可能性もあるので契約前にどういった形でお墓が使えるのか会社に確かめましょう。注意するポイントとしては、買うお墓が永代使用出来るのか・家族が途絶えた際はどのような供養をするのかの2点を尋ねることが大切です。

新着情報

◎2019/11/21

墓地返還の手続き
の情報を更新しました。

◎2019/7/10

墓地の所有と固定資産税
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

設置するには許可が必要
の情報を更新しました。

◎2019/1/24

民間の範囲を知ると選びやすい 
の情報を更新しました。

◎2018/10/18

整備などにも特色を備えている
の情報を更新しました。

◎2018/9/28

サイト公開しました

「墓 税」
に関連するツイート
Twitter

いいか私はに入るまで言い続けるからな覚えとけよ!!夏のボーナスから一円たりとも差し引くなよ!!そう!所得住民とか謎のカツアゲ前がボーナスだぞ!そうそう!いろいろ差し引く前に振り込んだのがボーナスだぞ!ユアマイソウソウ!!いつもすぐ傍にある!!譲れないよ!!誰も邪魔できない!

返信先:他1たかだか4000万円程度じゃガッポリなんてとても取れないよ… ・相続基礎控除 3000万+(600万×相続人数) ・非課税枠 葬式など宗教費用・火葬代・代 生命保険金500万×相続人数 死亡退職金500万×相続人数 配偶者控特別除 1億6000万or全財産の1/2

だから最低限、仏教徒として親をあの世へ送る場合 代や死亡に伴う相続登記や役所周りを考えると150万程度はかかった。つまり相当する額の死亡保険などを親が健康なうちに掛けておいた方がいい。子供が保険に加入したなら金の種別は相続ではないが少額でも入った方がいいと感じた。

住民をネットバンクで振り込んで、 家を出ようと郵便受けを見ると、 国民健康保険の納付のお知らせ。 ぐぬぬ、これは厳しい額だな。 と、電車に乗っていると 永代供養の広告が…… こっちの方が安いぞ!! しかも、一回払ったら もう払わなくていいし。 ……がんばって働きます。

その節税対策、本当にお得? 遺産相続で欠かせない生前の節税対策 注意点は ❶そもそも相続の対象? →基礎控除が遺産を上回れば対象外 ❷贈与で遺産減らしすぎてない? →老後の資金が足りなくなる危険 ❸非課税財産が含まれてない? →生命保険の非課税枠・や仏壇費用など…